海外展示会出展支援

exhibition in thailand

タイでの展示会出展

メコン経済の中心に位置する国であるタイは、昨今の経済成長鈍化で伸び悩んでいる現在でも、多くの日本企業にとって馴染みの深い国でもあり、重要な投資先であることは間違いない場所です。周辺国と比較しても、大規模な国際空港や首都バンコク都内のBTSやMRTなどの鉄道網、深海港、工業団地などのインフラの整備状況は充実しており、かつ公称7万人以上の在留邦人が住んでいます。

そんなタイに進出する企業が進出と撤退を繰り返していますが、周辺国と比較してマーケットが成熟している点や海外のカルチャー(特に同じアジア圏の日本・韓国・台湾など)を受け入れる土壌ができている国で、東南アジアでのマーケティングやプロモーション手法を構築し、タイを媒介としてASEAN各国へ展開するための一歩として、当社ではバンコクで数多く開催されている見本市・展示会への出展を提案しており、その支援業務をサービスとして提供しております。

タイでの展示会出展に対して、申込み時の煩雑なやり取りも含めて対応。タイ語(もしくは英語)での主催者との交渉(出展位置など)から搬入出の立会い、日本国内から大型の展示物を持ち込まれる場合は、輸送も含めて手配いたします。また、会期前後の送迎や各種手配、展示会場での営業支援(お客さま出展ブースへの誘導等)など、ご予算に応じて対応いたしますので、ご相談ください。

visual communication

ブースデザイン・設営

中小企業などを支援する公共機関や自治体、団体を介して出展する方法もありますが、その場合、多くは「ジャパン・エリア」や各自治体のテーマ・エリアとなってしまい、まとめて同エリア内での出展となってしまいます。

展示会によってはブースの設営レギュレーションに制約が付くことも多く、思ったように自社をアピールできないことがありますが、プライベートで出展すれば自由に設営できます。

出展・設営・搬入等の基本的な展示会レギュレーションは日本とさほど代わりはありませんが、日本では当たり前のように考えていたレイアウトやデザインの意図が現地の人々には伝わらないこともあります。

当社では、現地パートナーであるイベント会社・施工会社などの専門デザイナーを起用し、来場する方々に「刺さる」デザインでビジュアルコミュニケーションを図り、御社のブース担当者がアプローチしやすい環境を作ります。

sales activity

営業活動支援

せっかく海外まで来て展示会に出展するのであれば、少しでも成果が欲しいはずなのに、黙って立っている、話し掛けてきた来場者に対して充分なコミュニケーションが取れない…なんてことはありませんか?

当社では、会場内で円滑にコミュニケーションが取れるように、会場内をチェックしながらブースに誘導したり、ほか出展社にアプローチします。

商談の際には確実に必要となる通訳の手配もお任せください。日本語スピーカーのタイ人通訳や御社ブース担当者との円滑なコミュニケーションが取れるタイ語スピーカーの日本人通訳など、状況に応じて対応いたします。

また、ブースに華を添えるコンパニオンなどの手配についてもご相談ください。ご予算や企画に応じてサンプリング要員から説明員・MC・イベントパフォーマーまで人員の手配はお任せくさださい。

なお当社では、会期前後のサポートについても各種サービスを提供しております。開催前に予め商談候補社へのアプローチや会期終了後の反響営業サポートなど、各種サービスを提案いたします。

Pricing plans

料金体系について

当社の提供サービスにおける価格提示について、デザイン・施工・資材・管理費など現地企業からの仕入れが発生するものに関しては、現地企業から当社に対して提出された価格をお客様に対して開示することを基本としています。その上で、当社工数分の費用と所定の業務手数料を加算したものを見積書として提出しております。

タイに限らず東南アジアにおいては年々コストが上がってきています。しかしながら、そのコストも大幅に上がっているものと相変わらず安価なものが入り混じっており、現地において事業展開をされていない企業にとっては非常に分かりにくいものとなっている状況です。

その価格を開示することでタイにおけるコスト感をご理解頂くと共に、お客様と現地企業そしてその間に立つ当社のそれぞれがフェアな取引の上で業務を遂行することを願っております。

link

詳しい情報はこちら

当社の展示会出展支援サービスについては専用ページもございますので、こちらもあわせてご覧頂き当社へのオーダーをご検討ください。

サービスに対するご質問・ご相談は各サイトのお問い合わせフォームよりお願いいたします。

Scroll to Top